オフショア開発の新しい形 ”作り続けるオフショア開発”

"作り続けるオフショア開発"

オフショア開発の新しい形

納品して終了、オフショアに上流工程から丸投げ開発、といった従来の方式ではなく、お客様のサービスを企画段階からコンサルティングします。その中でオフショアにて開発・運用していくスキームを提供し、お客様のビジネスの成長を支援いたします。

こんなことでお困りではないですか?

  • 新規事業を立ち上げたいが、システム開発に多額の費用をかけられない オフショア開発も検討しているが、品質やコミュニケーションが不安
  • オフショア開発で納品されたシステムが要求通りに出来ていない。 作り直しの箇所が多く、追加開発費用が高くついてしまう。
malaysia002

オフショア開発の落とし穴

見えない間接コスト

オフショア開発のメリットとして、エンジニア単価があげられますが、
実はエンジニア単価だけでは収まらないコストがあります。
それは、「仕様を現地エンジニアに伝えるコスト」です。
仕様書の翻訳だけでなく、仕様の目的や注意点を、現地エンジニアに伝えていく必要があります。
海外と日本の文化は異なるため、正しく伝えるためのコストが対日本人以上にかかってきます。

コミュニケーションの難しさ

オフショア開発は、現地エンジニアに任せたままにすることが難しいという課題があります。
日本以上にフォローする必要が生じたり、時には軌道修正する必要があります。

東南アジア、特にマレーシアは、華僑系、マレー系、インド系など様々な出自のエンジニアがいます。
そのため、価値観や考え方が日本人の様に画一化されておらず、出自によってさまざまです。

日本人の様に、
「任せておけば大丈夫だろう」
「問題があったら報告してくるはずだ」
といった、”日本人からすると常識”といったことが通用しません。

従いまして、定期的なコミュニケーションや、エスカレーションのルールといった、
コミュニケーションを円滑にできる仕組みづくりが必要になってきています。

オフショア開発に不向きな、日本向け短納期スポットプロジェクト

オフショア開発では、仕様と開発の背景、目的といった開発に関する情報を細かく伝える必要があります。
英語でやる取する場合でも、ネイティブではないエンジニアの場合、簡単な仕様でも、理解するまでに時間がかかるケースが多いのが現状です。

従って、短納期な案件には向いていません。
また、日本在住のエンジニアに要件定義・設計工程を依頼するのではなく、オフショア側に依頼すると、日本との文化の差や、UI、ITリテラシーの点で問題が発生します。
要件定義や設計については、発注側(日本側)で行うべきです。

また、仕様が複雑なケースや、日本ならではのUIを開発するケースも要注意です。
オフショア側は、複雑な仕様を落とし込むまで時間がかかりますし、
現地エンジニアとのコミュニケーションにおいて間接コストがかさみ、オフショア開発のメリットが活かしきれなくなります。


発注する際は、オフショア開発におけるリスクを検討することが必要です。

我々が解決します!

我々のコア・コンセプト

日本人が現地常駐

当社はマレーシアに拠点があり、日本人が経営する現地法人です。日本人が常に常駐しておりますので、100%日本語で対応可能です。

ITインフラもセット

当社は、AWSを駆使したITインフラを構築可能です。納品しない開発とセットで、安定したITインフラを提供し、御社のビジネスの成長を加速します。

作り続ける開発

月額定額のコンサルティング契約内で、開発するものを決めながら、ビジネスの成長に合わせて開発を進めます。

きめ細かいサポート

月額定額のコンサルティング契約内で、開発するものを決めながら、ビジネスの成長に合わせて開発を進めます。

我々が提供する4つのメリット

アジャイル&オフショア開発の実現

日本よりも安い費用で、コンサルティング契約が可能です。その結果、アジャイルな開発プロセスを取りつつも、御社のビジネス環境の変化に応じて、いつでも仕様変更や優先順位の変更が可能です。

専属コンサルタントの実現

御社と専属顧問契約を締結しますので、ITに関する様々な相談にも対応可能です。例えば、コーポレートサイトのCMS導入を進めながら、ECサイトの構築の相談といったことも、並行して進めることができます。

見える開発プロセス

ITインフラをセットでご提供しますので、開発初期の段階で本番環境やテスト環境をご確認頂けます。特に、テスト環境上でプロトタイプを用いながら認識のすり合わせるため、最初から動く画面で動作確認が可能です。

サポートからのビジネスチャンスの発掘

他社サポート業務は、システムの提案で終わりがちです。当社はサポートで得た知見をもとに、新たなビジネスチャンスを発掘、提案し、システム開発に活かすことも可能です。

我々が提供できないこと

配送業者の苦悩

極端に短納期の案件

オフショア開発において、短納期は非常に厳しいのが実情です。 本サービスにおいても、現地エンジニアに対して仕様を理解させるのには時間がかかります。 短納期のスポット案件、とりわけ現地とのコミュニケーションに支障をきたすような短納期案件においては、お断りしております。

資金調達はできるだけしない

大規模案件

スコープが極端に大きい案件は、要件定義や設計資料をとりまとめて、現地エンジニアに伝えるだけで翻訳量以上のコストが予想されます。コンサルティングする際に、契約内で実現が難しい案件に関しましては、対応可能な大手ベンダーをご紹介するケースもございますので、ご了承ください。

お問い合わせ・資料請求

■お名前(full name)

■メールアドレス(e-mail address)

■電話番号(phone number)

■件名(Title)

■メッセージ本文(Content)



—-迷惑メールの解除方法—-

場合によっては、弊社からお送りするメールが迷惑メールに入ってしまうことがございます。
迷惑メールに入ってしまうと 大切な情報をお伝えすることができません。
ご不便をおかけして申し訳ございませんが、メールのフォルダー分け設定を何卒よろしくお願いいたします。

■ アウトルックの方
⇒ http://mail-wake.com/wake/outlook.html
■ OutlookExpressの方
⇒ http://mail-wake.com/wake/express.html
■ YAHOOメールの方
⇒ http://mail-wake.com/wake/yahoo.html
■ Gメールの方
⇒ http://mail-wake.com/wake/gmail.html
■ その他のメール
⇒ http://mail-wake.com/wake/

特にGmailやGoogleAppをお使いのお客様は、弊社ドメイン”uck-inc.com”を、
迷惑メールにしないようにフィルタの設定をお願いいたします。
http://ascii.jp/elem/000/001/500/1500542/